ヴェーダ十戒衆の1人であるフューリー

全体攻撃が可能ということで、登場時はかなりのインパクトがありました

今回はこいつを紹介していきます




フューリー

完全に強化できていませんが、今はこんな感じ

固有ジョブとして「呪砲術師」を使用できます

このジョブの使用感は主に3つ

 

①全体攻撃可能

②どちらかと言うと支援よりのジョブ

③相手のCT(行動するために必要な数値)を0にする技を持つ

 

主なアビリィティセットはこんな感じ↓

付け替え可能なアビリティが少なく、大概の人はこんな感じになるのではないでしょうか

『呪願』レイピッド」により詠唱時間を短縮+魔攻UP

暗歩」の効果によりMoveとJumpを+1します

他のユニットとの組み合わせで「毒の知識+2」を使用することもありますが、今回はこのカスタマイズで紹介していきます

通常攻撃はこんな感じ

リーダースキルにより、多少ダメージ量が上がっています

主な技は・・・

指定の敵に火属性の詠唱付き魔法攻撃+3ターンの間、ジュエルリジェネ状態になる

『火砲』ジェムズ

指定した敵に火属性の2連魔法攻撃+確率でストップ状態にする「『呪砲』サスペンド

指定範囲の敵のCT(行動するために必要な数値)を0にする詠唱付き魔法「『呪改』リジェクト

マップ全体の敵に低確率で攻撃不可(ドンアク)状態にする「『呪烙』ディサーム

マップ全体の敵に火属性の魔法攻撃+3ターンの間、敵の回避率をDOWNさせる「『『炎呪』フュエルズ」などがあります

また、専用の武器を装備することでマスターアビリィティの「呪占・不可視」を使用できるようになります

効果は、指定範囲の敵の命中率を-100+連携大幅DOWNの効果になります

ぐったりした状態から・・・

気だるげに・・・

呪いを

ばら撒く!!って感じの技です

この技、命中率を-100する技なので、仮に相手がバフの効果で命中率が100を超えていた場合だと、完全に命中率を0にすることができないので気をつけましょう

 


 

以上がフューリーの紹介になります

欠点としてはHPの低さ

完全に強化したとしてもそこまでHPは高くないと思います

支援職として基本的に使用し、瀕死の相手にトドメを刺すという使い方がいいのではないでしょうか

それか「プロフェッサー」として「予防薬」を担当するのも良いかもしれません

 

 

 

おまけ

ソルが当たらない

深追いしたいがこれ以上は危険だと本能が訴えかけている

くそぅ・・・