4日目

9)

ゴールが近づいてくるとやる気が出てくる

それは旅も同様である

1番初めのチェックポイント函館

雨にさらされる

手があかぎれになる

相当さんざんな目にあってきたが、函館に着くのならそれらも水に流せるだろう

何よりも

携帯の充電がやばい




10)

北海道の八雲町付近を出発して2時間後の午前9時30分

海岸線を走行中

雪ばかりでとにかく走りづらい

 

こんな感じで白線の所に大量に積もっているので時折降りて歩きました

次の目的地は、あのでかい山「駒ヶ岳

その間を走り抜きます

普通はこんなことはないのですが、今回は偶然このようなルートがあったので利用しました

 

駒ヶ岳の間はこんな感じです

ここに来るまでは、少しの上り坂があるのでお気をつけて

道の駅が途中にあったのでそこで休憩するのもありだと思います

そんなこんなで、このまま平地が続くと思ったのですけどね

そんなことはありませんでした

上の写真や地図の部分

湖が見えるが、その付近はそれなりに坂があり、油断していて面喰いました

ここを通る際は気を付けてください

 

大体こんな感じになります

ここを切り抜ければあとは坂道を下るだけ

そのまま市街地に進んでいくとこのような場所にでます

函館に近づくまではアップダウンが続くので時間配分には十分に気を付けてください

これにて4日目終了

 

 

5日目

11)

北海道の函館といえば五稜郭タワー

ここで函館全域を見ることができます

ただ開店時間の関係でみることができませんでした

冬の場合は9時ぐらいだったのでよく調べてから行くことをオススメします

思わぬアクシデントがあったけど、今日も張り切っていこうと思ったんですがね・・・

見事に吹雪いてまいりました

これで5日中、3日は雪の日に

北海道の積雪は半端ではなく・・・

あっという間にこの量に・・・

2枚目に至っては、道全体に雪が積もり、何が下にあるのか分からない状態

おまけに綿雪なので自転車のタイヤと車体の間に詰まり、走りづらい

こんな状態になるので、ハサミなどの物を持っていき雪を取り除くようにしました

とてつもなくめんどくさかったです

そんなこんなで苦労すること5時間、この日の最大の収穫といっても過言ではない物を発見した

これを目の当たりにしたとき自分は、無我夢中でカメラに収めていたことを今でも覚えている

今回はその写真を最後に終わりとする

6日目に続く!!