4)

日本の気候の変化は、世界でも類を見ないほどのものだと思う

出発は2月の頭辺りだったのに、全然寒くないな~と思った矢先、氷点下近くになる

晴天だな~と思った矢先、急に雨が降ってくる

日本一周を経験した人なら、天候に対してただならぬ怒りを抱いたこともあるだろう

中には悟りを開く人が出てくるかもしれない




2日目 後半

5)

前回の続きからスタート

山口県鳥井ヶ峠付近

ここは、どうも通学路らしいです

道は整備されてましたが、なかなかの急な坂で通学する児童は大変そうでした

うん、なかなかの田舎だなここ

おぉう?15kg100円!?

もし自炊しながら旅している人は、ここで食料を補給するのもよさそうですね

そんな事を考えながら進むと、なんと行き止まり・・・

地図通りに進んでいたんですけどねぇ・・・

 

何とか迂回しつつ水平線へと爆走中

あ、何かこの感じ良いなと思って撮った写真

素朴な感じが出てていいなと思ったんですが、一つの疑問が

信号要りますかね?ここ

人どころか車すら見なかったんだけどな・・・

左に90度視線を傾けると何やら怪しげなトンネルが

トンネルを潜り抜けると、ちらほら民家のある地域に到達

ただ、いっこうに人と顔を合わせるような気配が無い・・・

アイ〇ムレジェンドみたいに、世界に誰もいないと錯覚させられる風景

だんだん虚しくなってきたな・・・

・・・まさか本当に

・・・道に迷っただけだな

ひたすらまっすぐ進んでいたら川沿いに近づきました

大概道に迷っても、川沿いを進んでいけばどっかの町に着きます

道に迷ったときは、試してみてはどうでしょう

 

地図上ではこの辺りとなります

角島へ行こうと思ったんですが、この風景で満足したため行ってません

行けばよかったとかなり後悔しております

 

峡谷を抜けると海岸線に突入

ひたすら走りこの日は、この付近で野宿しました

これ以上進むと、休憩できる場所が無さそうでしたので、進む際には気を付けてください

 

3日目

6)

3日目の早朝

屋根付きのベンチから出発

この付近で休憩するならお勧めする場所です

出発早々雨に遭遇し、それなりに濡れてしまいました

あれ?なんか電光掲示板がある・・・

まじっすか・・・

これはなかなかキツイな・・・

 

おまけに坂が続いてるしどうなってるんだ?

そんな事を思いつつ自転車を押しながら進みました

ふと後ろを見渡すと、なんということでしょう

峠を登っていました

よく見えないが、標高200mの峠を登っていたらしい

この付近、っていうより、日本海側の海岸線は山ばっかりだということを意識してください

今現在、雪が積もっていますが、山を下っていくと・・・

あらやだ青空がまぶしい

・・・なんでこんなに雰囲気が違うんですかね

 

そんなこんなで萩市へと到着

相変わらず人がいない・・・

 

雨上がりのためか、やけに写真の写りがよくなっていますね

途中、やっとのことで人(海女さん)を見かけて話しかけようとしましたが、向こうが不審者を見るような目でこっちを見てきたため断念

あ〇ちゃんに出てくる海女さんは、結構フレンドリーだったんだけどなぁ

メンタルリセットォしてふと顔を挙げると道の駅発見

しかし時間が、3時のおやつタイム

寝床を探すにはまだ早い

泣く泣く断念せざるを得ない

・・・大人しく休んでおけば良かった

もうじき夜が来る

なのに寝床が見つからない

これが何を意味するか・・・

 

 

 

今日死ぬかもしれない

3日目終了

4日目に続く・・・