19)

山の壮大さに圧倒される

そんな経験があるだろうか

表現がおかしいかもしれないが、経験したことを的確に伝えるにはこの表現しかない

標高100m~200mの山(峠)ならいくつも越えてきた

高いなーぐらいの山ならこうは思わない・・・




12日目

20)

早朝6時

福井市の様子

何この風景

すごく既視感しかない

第5、6話ぐらいでこんな写真を載せたような・・・

既視感だけならまだいい

何だこの歩道は・・・

一応通れなくはないがペダルが回らない・・・

仕方がないから押していくか

ハハッ、これは俺に対する嫌がらせかな?

何でここだけピンポイントに溶けてんの

まずい、靴がもうびしょ濡れだ

当然の如く、人が全くいない

そもそもこんな悪天候の日にサイクリングする方がおかしい

そう、俺がおかしい

おかしい

おれがおかしい

そうだおれがおかしいんだあははははははははははははははははは

ふぅ~ん

ほぁ~

おい、ちょっと待て

ちょと待て、ちょと待てだ

俺がおかしいと思っていたけどこれさ

積もっている雪の量のほうがおかしくない?

どんだけ積もってるのこれ

↑大体この辺たしか加賀?の山道だったはず・・・

軽い山道だけど尋常じゃないよこの積もり方

それともこの辺ではこれが普通?

 

横断歩道があるってことは、人が通るってことだよね

こんな中を歩いている人がいるかもしれないってことか・・・

どこかの町に到着

道の駅が見当たらないってことは、今日は橋の下で野宿か・・・

 

 

13日目

21)

早朝7時

今現在地は不明

ていうより忘れてしまいました

半径3キロ内に、イオンとスーパー銭湯がある地域です

そこそこきれいな街へ到着

そこそこていうか、かなり綺麗だぞここ

薄汚い俺がいたらいろいろ場違いだ

道草を食わずに切り抜けよう

うわぁまじか、道草してぇ・・・

680円で結構いいもの食えそうなのに

そんなこんなで、誘惑に耐えつつかなり進んできました

写真の橋は高速道路ですかね

この道路に沿って走ればまぁ、道に迷うことはないでしょう(たぶん)

ちょっと車道にはみ出ていますが、こんな感じで進んでいけます

地図が使えないときに参考にしてみてください

そのまま進んでいくと峠?になります

山かもしれませんが、今までさんざん坂道を進んできて慣れているので、気分は峠を登っている感覚です

慣れるって怖い

峠の向こう側

どうやら「庄川」という川らしいです。

赤ピンである場所が、「庄川」なので、13日の朝方は赤〇の所ですかね。

走行中に気が付いたのですが、周りをバカでかい山で囲まれている場所ですねこの辺

流石にあの山はママチャリで登れない

実際に見てもらうと写真以上に迫力があります

こう、圧迫感と言えばいいのでしょうか

満員電車で2時間ぐらい過ごした後みたいに精神的に疲れました

この区間はある意味面白い場所ですよ

あぁ、もうすぐ今日が終わる

夕日がきれいだなぁ

よそ者だからかもしれないですけど、こういう何気ない風景が自分にとってはかなり新鮮に見えています。

旅をしていて良かったと感じる瞬間ですね

 

・・・ところで今日の寝床が見つかってないけどどうしよう

 

13日目終了

14日目に続く・・・