考察2-1「チャネルライン」

自分の引いているチャネルラインはこのようになっている

一応、下への余地がある状態であったが、チャネル内で動くと仮定したらそこまでリターンは見込めない状態だと言える

その時の考えとしては、あと1万幅下へ動いた後に髭をつけての上昇開始と考えていた

今回はそこまでの下落を待たずして上昇する形になった

考察2-2「ラインを引いて見てみると」

bitflyerの現物チャートになるが高値切り下げのライン上で止まっていることが分かる

ロングに乗り遅れた場合、このようなラインを引いていれば髭取りショートで利益を出せたのではないだろうか

考察2-3「うろ覚えの板情報」

爆上げの数時間前、連日のようにあったbitmex価格3450ドルの売り板が無くなっていた

一応爆上げ前にも売り板はあったが3450ドルほどの強固な壁とは思えなかった

上昇を抑えていた壁がなくなった&乖離率も-1.00前後と売りが過熱していたこと

これらに大口の買い仕掛けが上手いこと重なってここまでの上昇になったと考える

 

 

・・・まあ正直、ここまで上昇するとは思ってなかったけどね

ショートカバーだけで片付けて良いのか疑問に思っています