かんりに~んの節約術『SIMフリー編』

かんりに~んかんりに~ん

ああああああああああああ!!

わからない君わからない君

なにを荒ぶってんすか、かんりに~ん

かんりに~んかんりに~ん

月々の携帯料金高すぎるんじゃ糞がぁぁぁぁ!!!

大手キャリアとSIMフリーの比較

高い高いと言っている携帯の通信料

どのくらい高いのかを、大手とSIMフリーを実際に比較して見ましょう

docomo

引用サイト docomoの公式サイト 

ソフトバンク

引用サイト SoftBank公式サイト

au

引用サイト au公式サイト

使用データ容量を5Gに仮定し、なるべく似たような環境に近づけた場合、写真のような状況になります

それぞれ特典が異なるので一概に比較はできませんが、月々6000円~8000円ぐらいになってくることになります

イオンモバイル

引用サイト イオンモバイル公式サイト

LINE モバイル

引用サイト LINEモバイル公式サイト

mineo

引用サイト mineo公式サイト

代表的なSIMフリーの会社は以上のようになります

大体2000円前後の契約金に通話料とオプションをちらほら付けるという内容です

どんなに高くても3000円以内には収まるのではないでしょうか

なぜこのように安くできるのかと言うと、次のような要因が絡んで来るからです

契約料が安い要因

なぜ格安で携帯を契約できるのか

理由は以下のようになります

キャリアのような手厚いサポートが無い

大手なら受けれるような店頭でのサポートがほとんどありません

基本的には、チャットやメールでのやりとりが主になります

キャリアメールが使えない

言葉の通り、キャリアで使用できるメールが使用できません

しかし、最近だとほとんどgメールで済ませているのではないでしょうか

フリーメールを使用している方は、特にデメリットは感じないでしょう

通信速度が大手キャリアと比較して遅い(場合がある)

SIMフリー携帯の構造上、特に人が多い所(昼間のレストランや満員電車内)だと、繋がり辛いことがあります

普通に家や職場で使う分には、大手キャリアとそこまで速度は変わりません

通話料金が高い

基本的には、SIMフリーの携帯は通話料が高いです

なので、電話をメインに使用する人には適していません

しかし、国内電話がかけ放題の楽天モバイルや10分までかけ放題のワイモバイルなど、オプションによってはそのデメリットを無くせるものもあります

クレジット決済がメイン

基本的に、決済方法はクレジットカード決済が多いです

口座振り込みもできるところはありますが、メインはクレジットになってきます

多分ここが一番の難所になる人も多いのではないでしょうか

 

以上の相違点(主に人件費の削除)により、大手キャリアより低価格で契約が出来るようになります

こういう人にオススメ

以上のような使用の違いから以下のような人にお勧めし、逆にオススメできない人は以下のようになります

お勧めの人

①契約金をとにかく安く抑えたい方

②電話通話をほとんど使用しない方

③大抵のことは自分で解決できる人

お勧めしない人

①どんな場所でも早い通信速度で使用したい人

②電話通話を頻繁に使用する人

③自分で問題を解決できない人

オススメの契約会社

UQモバイル(au系の回線に対応)

①SIMフリーの中で圧倒的な通信速度と安定性を誇る

②データ量の翌月繰り越しが可能

④低速/高速回線の切り替えが可能なため、容量を抑えて使用することが可能

LINEモバイル (docomo、softbank系の回線に対応)

①LINEを始め、TwitterやInstagramなどの主要SNSアプリの使用データ量が0

②LINE Payによる支払いが可能

③データ量の翌月繰り越しが可能でデータ量を家族や友人などにシェアできる

BIGLOBEモバイル(docomo、au系の回線に対応)

①値段に対するデータ量が多い

②データ量を翌月繰越可など豊富なオプションとサポートがある

③3GB以上のプランでの追加オプションで、YoutubeやAbeam TVなどのサービスをデータ量を使用せずに使用できるものがある

ワイモバイル (Softbank系,自社の回線に対応)

①1回10分以内の国内電話なら何度使用しても無料

②割引プランが豊富

③通信速度は大手並みだが少々高い

ワイモバイルはその性質上、他社より通信速度などの面で優れていますが、SIMフリーの中では少々値段が高めです

注意点

データ通信のみの場合は、契約期間や解約金などの縛りはありませんが、音声通話対応のSIMを使用するのであれば、大手と同じような解約金が発生します

音声通信対応でも解約金を払わなくていいものは、「mineo」と「イオンモバイル」くらいです

契約期間の部分に書かれているものが多いので、契約する際には公式サイトをよく読み込むようにしましょう