かんりに~んの節約術『トイレ編』

わからない君わからない君

うっひょー今月の水道代やっべー!!節約に努めなくては!!

かんりに~んかんりに~ん

・・・ではこんなのいかが?

準備するもの

空の500mlペットボトル1~3本

作業手順

手順1.空のペットボトルに水を入れる

手順2.そのペットボトルを貯水タンクへと鎮める

貯水タンクの中は、写真でいうと切り込みが入っている部分の上の部分を持ち上げれるだけで見ることが出来ます

節約の原理

貯水タンクの中は、このような構造になってます

レバーを引くことで黒い物体を引き上げ、せき止めている水を排水管へ流し汚物を処理

その後、無くなった水を補充していって、浮き玉が一定の高さまで到達したら水を補給するのを止める

このような構造になっています

今回の節約法は、処理後に貯水タンクに貯める水の量を減らすことを目標にしています

正直言って、汚物を流す際にあんなに水は要らないです

1~2Lくらい減らしても処理することは容易いと考えています(ニューヨークみたいに水圧が弱かったら厳しいですけど…)

なので、水入りペットボトルを沈めて水位をかさ増しすることで、普段より少ない水の量でも浮き玉が一定の高さになるように調整していきます

問題点としては、偶にペットボトルが倒れるなどして浮き玉やストッパーの黒い物体に引っ掛かり、永遠に水が流れ続けるということがあります(管理人もありました)

貯水タンクに沈める際には、ペットボトルの位置取りには気をつけましょう

仮に失敗したら、ペットボトルを全部取り除けば元に戻ります

まとめ

今回の節約の肝はいかにして貯水タンクに貯める水の量を減らすか

それを踏まえてのポイントは以下のようになります

1.水位をかさ増しして浮き玉を騙すべし

2.ペットボトルのポジション取りには注意すべし

 

以上のポイントをもとに水道代の節約に努めましょう

かんりに~んかんりに~ん

あなたの財布に幸あれ